ヘアカラーの仕組み!

container_top

« 新年初ゴルフ!! | メイン | 毎日寒いですねェ~!! »

ヘアカラーの仕組み!

DVC00007_M.JPG
ヘアカラーはまず髪の色素を分解してから求める色に染めていくわけですが...

市販のカラー剤は仕組み的にはまったく同じと考えてもらっても良いです!

仕組みは同じでも市販のカラー剤と美容室でするカラーでは明らかに違います!

では何が違うのか言うと...

市販品ではどのお客様に対しても同じ結果が出なければいけない為

薬品に含まれる色素が多く入っているため

色素アレルギーの方はかぶれなどの原因になりやすいです!

また髪の色素を壊すために必要なアルカリ性の物質を強めの物にしているためダメージが大きいのです!

最近流行りの『早く染まる!』タイプのカラー剤は急激に髪の色素を壊してカラーを発色させるためダメージは大きいでしょう...
それでもでも手触りがいいって言うのは
『シャンプーの選び方』でもお伝えしたコーティング剤が入っているために擬似的にツヤを出してるんタイプが多いです!
 
ただ美容室で染めても薬品に対する知識不足な美容師さんにあたると
ダメージは大きくなると言えます!

市販のカラー剤を自宅で毛髪診断もできずにただ塗るだけで染める行為はとても危険だとおもいますょ!


美容室では毛髪診断をした上で

前処理に必要な髪の内部に働き掛ける動物系のタンパク質で

染まりを良くしたり

後の処理には植物系のタンパク質で手触りを良くします。

カラー剤の1つで過酸化水素は手触りの悪化や退色の原因になりやすいのでこれも後処理が必要でしょう!!

またお肌が刺激に敏感で痛かったり、

色素アレルギーによるかぶれには

頭皮に直接薬品が付かないようにしたりする技法を使ったり、

頭皮に刺激や色素から保護してくれるプロテクトクリームを塗布したり...

 またカラー剤の種類の選択によっても痛みやかぶれを心配しなくてもいいという事もできます!

いずれにせよ
お客様と美容師とのコミュニケーションがしっかり取れて
お客様の希望するカラーリングがダメージを最小限に抑え
なおかつ
頭皮に対していかに優しくと言うのが大切だと思います!

注目情報

About

2009年1月 7日 10:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新年初ゴルフ!!」です。

次の投稿は「2009年スタート!!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。


container_bottom